単焦点データベース

単焦点レンズをマウントごとに一覧にして比較するデータベース

【保存版】 マイクロフォーサーズ 単焦点レンズ一覧 【GM1/GX8/OM-D/PEN】

スポンサーリンク

マイクロフォーサーズマウントの単焦点レンズを一覧にしてみました。つまり、オリンパス、パナソニック、シグマの単焦点レンズ一覧ってことですな。ちなみにマニュアルフォーカスのレンズは除外。比べて買うようなもんじゃないでしょってことで。

自分が気になるスペックの一覧がなかったので、そういうのも一覧に入れてみました。特に気になるのは重量、最短撮影距離。単焦点ならではのハンドリングに大いに関わることなので。 

メーカー レンズ名称 35mm換算 Amazonレビュー 重量 フィルター径 手ぶれ補正 静音AF 最短撮影距離 最大撮影倍率 被写界深度 定価 楽天最安値
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED
12mm F2.0
24 130 46   20 0.16 2.353 95,000
パナソニック LUMIX G 14mm F2.5 ASPH. 28 55 46   18 0.2 2.300 49,875
パナソニック LEICA DG SUMMILUX
15mm F1.7 ASPH.
30 115 46   20 0.2 1.130 70,000
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 34 120 46   25 0.16 0.867 59,500
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 34 71 37   20 0.22 1.440 30,000
シグマ 19mm F2.8 DN 38 160 46   30 0.28 1.107 24,000
パナソニック LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. 40 87 46   20 0.26 0.600 52,500
パナソニック LEICA DG SUMMILUX
25mm F1.4 ASPH.
50 200 46   30 0.22 0.300 73,500
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 50 137 46   25 0.24 0.387 42,000
シグマ 30mm F2.8 DN 60 140 46   30 0.24 0.419 24,000
パナソニック LEICA DG NOCTICRON
42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.
85 425 67 50 0.2 0.100 200,000
パナソニック LEICA DG MACRO-ELMARIT
45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.
90 225 46 15 2 0.185 99,750
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 90 116 37   50 0.22 0.118 35,000
シグマ 60mm F2.8 DN 120 190 46   50 0.28 0.104 24,000
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED
60mm F2.8 Macro
120 185 46   19 2 0.104 59,500
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED
75mm F1.8
150 305 58   84 0.2 0.043 119,000

マイクロフォーサーズは寄れる!

どのレンズも結構寄れるのが、APS-Cやフルサイズに対するアドバンテージでしょう。センサーが小さいので当たり前ですが。最大撮影倍率が0.2くらいあると、テーブルフォトでの取り回しが断然良くなるのでだいじ。

意外と高い。特にパナソニック

いっぽう価格はというと、逆に他のマウントより若干高いかなーという印象。キヤノンの撒き餌レンズ(50mm F1.8 II)はもとより、他のマウントだと標準の50mmは2万円までで買える印象だけど、新しいマウントなので高く売ろうという意図がありあり。ま、静音AF標準装備なのでその分高くはなるんだろうけど。

さらに傾向としてどうやらパナソニックのほうがオリンパスより高い。例えばパナソニックの15mmとオリンパスの17mm。またはパナソニックとオリンパスの25mm。どちらもオリンパスのほうがだいぶ安いです。パナソニックのレンズは政策的に高くしてるんでしょうね。

シグマは断然お買い得!

そんな中でシグマのレンズはお買い得感バツグン、ちょっと暗めですけど画質にも定評があり、思わずポチってしまっても後悔しないかと。

ボディとレンズは揃えたほうが間違いない

マウントが同じなんだからどっちのレンズ買ったっていいじゃん、というのは早計。いまやそれぞれのレンズの色収差、歪曲特性に合わせてボディのチューニングを追い込むことは常識。

たとえば同じオリンパスのレンズを使ってパナソニックとオリンパスのボディで撮った結果、オリンパスのボディで撮ったほうが良好に補正がかかるのは当たり前です。ここはぜひ抑えておきたいポイントですよ。