単焦点データベース

単焦点レンズをマウントごとに一覧にして比較するデータベース

【Xマウント】単焦点一覧表 - とにかく画質至上主義。手ぶれ補正も静音AFもなし【X-T10/X-E2/X-A2】

レンズ名称 35mm換算 Amazonレビュー 重量 フィルター径 手ぶれ補正 静音AF 最短撮影距離 最大撮影倍率 被写界深度 定価 楽天最安値
XF18mm F2 R 27 116 52 - - 18 0.14 1.180 -
XF23mm F1.4 R 35 300 62 - - 28 0.1 0.475 -
XF27mm F2.8 41 78 39 - - 34 0.1 0.700 -
XF35mm F1.4 R 53 187 52 - - 28 0.17 0.203 -
XF56mm F1.2 R 85 405 62 - - 70 0.09 0.070 -
XF56mm F1.2 R APD 85 405 62 - - 70 0.09 0.070 -
XF60mm F2.4 R Macro 91 215 39 - - 27 0.5 0.130 -

ということで、Xマウントの単焦点を一覧表にしてみましたよ。

手ぶれ補正なし、静音AFなし。潔いまでの割り切りっぷり

まず気づくのは潔いまでの割り切り。手ぶれ補正は一切ありません。ボディ側で手ブレ補正あったっけ?と勘違いするほどの潔さ(もちろんありません。為念)。フジの単焦点は手ブレ補正なし、と肝に銘じることです。

そしてさらには静音AFもなし。最近は動画も撮れるように静音AFが当たり前ですが(少なくともマイクロフォーサーズやソニーEマウントでは標準装備)、こちらも華麗にスルーです。

ちなみにワタシXマウントの単焦点持っていますが、これで動画を撮ると、「カリカリカリカリ…ギシギシギシギシ…」というフォーカス音がずーーーーっと録音されていて不快極まりない。

とまあこの低スペックですから、安いのかと思いきや結構いい値段がします。いや結構というかはっきりと高いす。

ちなみにズームレンズは静音AF・手ぶれ補正ともにありますから、ごちゃごちゃ言うようなトーシロはダブルズームキットでも買っとけ、というフジの声が聞こえてくるようです。

とにかく寄れないXマウント単焦点

かように古臭いスペックの単焦点たちでありますが、さらにキビシイのは「とにかく寄れない」ということ。

最大撮影倍率が0.2倍に届くものが無い、という割り切りよう。いま評判のXF56mm F1.2に至っては0.1倍にも届かない0.09倍。APS-Cなので1.5倍だとしても0.135倍です。最短撮影距離70cm。フルサイズの単焦点だってもっと寄れるのは普通にあります。

唯一0.5倍となるのがXF60mmマクロ。ん?マクロなのに1倍じゃない?ハーフマクロなんですね。

何が何でも画質至上主義

それもこれもとにかく、画質という一点のみに集中した結果と言えなくもないわけで。事実、静止画の画質についてはこれ以上ない評価を得ていますよね。

画質至上主義な明るい単焦点、それと組み合わされる富士フイルムならではの色や解像度、高感度画質を実現するセンサーおよび撮像エンジン、これらによって紡ぎだされる感動画質。これに納得させられてしまうわけです。

f:id:chromebook:20140426132109j:plain
X-M1 / XF27mm F2.8

こんな作例しかなくてスマンす。しかも廉価なキットのパンケーキ単焦点なので超絶画質というわけには行きません。でもこんな感じで、子供の肌の色はとても健康的で好ましく写るわけです。これであばたもエクボになってしまうんですよね。