単焦点データベース

単焦点レンズをマウントごとに一覧にして比較するデータベース

【キヤノンEFマウント】単焦点レンズ全一覧【保存版】

スポンサーリンク

ということで、キヤノンEFマウントに対応したほぼすべて(※)の単焦点レンズを一覧表にしました。エクセルシートというかGoogleスプレッドシートなわけですが、とまれ公開しまっす。2015年8月版です。

【EFマウント】単焦点レンズ一覧表【キヤノン/シグマ/タムロン】 - Google スプレッドシート

※20mm以下の魚眼や超広角、200mmを超える望遠、また高級MFレンズなどは除く

以下、スプレッドシートをご覧いただきながらお読みくださいませ。

注目は先日デビューの50mm F1.8 STM

この一本によって、キヤノンの単焦点ラインナップがグッと良く見えてきましたね。やっぱり標準域で使いでのある一本があると違います。

このレンズ、何と言っても寄れることが特徴で、他の50mmと比べてみても明らかに違いますし、他のフルサイズマウントでも、最大撮影倍率0.2を超えているレンズなんてのはこれだけです。以下の記事でその辺り詳しく書きました。 

5D、6DをはじめEOSフルサイズユーザー必携の一本ですね。

弱点は中望遠

いやね、EF85mm F1.8 だって評判のいいレンズですよ。それは分かるんですが、1991年デビューってことはもう4半世紀たってるってことですよね。ちょっと買う気になりません。EF85mm F1.2っていうポトレ専用スーパーウェポンもありますが、値段もスーパーですしね。いっぽうシグマの85mm F1.4は2010年式、これ行っちゃうでしょ。

キヤノンのAPS-Cは単焦点に恵まれませんな

そしてAPS-C勢にとっては、標準単焦点は事実上シグマ30mm F1.4一択という現実。ニコンもペンタも標準単焦点はきちんと抑えているというのに、キヤノンのAPS-Cは相変わらず不遇です。ズーム買えということでしょうかね。

そのあたり、こちらの記事に詳しいです。

以下、拙いですが作例をば。

これは旧撒き餌ことEF50mm F1.8 II ですな。これでもかと言わんばかりにフレアが出まくってます。コーティングってなに?。今どきのレンズとしては考えられないほどのクセですが、逆にこれだけのクセを実用的なAFレンズで使えるという意味では貴重なレンズです。

撒き餌のリニューアルについては、こんなエントリーもありました。

じゃぁ、このレンズは”買い”なのか?

と言われると、個人的にはそうでもない。。と言わざるを得ません。

いままでさんざん褒めてきてなんだよそれは?と思うかもしれませんが、このレンズ、リニューアルしたことで大幅に機能が改善したことで「面白くない」レンズになってしまったんですよね。

旧型の良さは安さと共に独特の”クセ”がステキだったワケです。その個性溢れる”クセ”の大部分がリニューアルによって潰されてしまったわけです(開発の流れとしてはあるべき姿だと思います)。

 ということで、EF50mm F1.8 STMは文句のつけようのない優等生、でも旧撒き餌ことEF50mm f1.8 II も在庫があるうちに抑えておいたほうがいいかもよ、と申し上げておきます。

こんな記事も人気です